FX取引の流れ

FX取引の流れについて説明していきます。実際に口座開設と入金が済んだらあとはFX取引の流れをしれば基本的なことは官僚となります。これであなたもFXトレーダーの仲間入りです。

FXの取引と言うのは基本的にインターネット上で行われます。ホームページのログイン画面に進んでIDとパスワードを入力しましょう。このIDとパスワードは必ず大切に保管しておいてください。

FX取引の流れとしてはまずは新規注文つまり発注をかけます。まずはこれをしないとFXは始まりませんよね。為替レートやチャートを見つつ上昇傾向であれば買いで下降傾向であれば売りになります。その時の流れを見て取引条件に会ったら発注をするようにしましょう。

注文方法には指値、逆指値といった色々な方法がありますが、それは注文方法で紹介していきたいと思います。発注した注文が約定されると、希望した条件で成立した状態になります。これをポジションと言います。買いポジション、売りポジションという言い方をすることもあります。

さらにお金が余っていたら他のポジションを設定して複数のポジションを所持することも可能です。

ポジションでオッケーだと思ったら損益を確定します。FXでは買って売る、売ってから買うということで損益が確定します。これは実際にデモトレードなどで練習をしていたら迷わずに出来ると思いますので必ずデモトレードはしておきましょう。

決済したらその時にかかった手数料、スプレッド、スワップポイント、為替差損益が全て含まれて計算されます。その合計によって損失か利益かが確定します。

最初は覚えなくてはいけないことが多いので戸惑うこともありますので小額からスタートさせていきましょう。

★初心者向け★ ★fx人気NO.1サイト★ ★注目サイト★