金投資

金を身につけている人たちってお金持ちのイメージが強いですよね。なぜ金が高価だというとやはり無限にあるわけではなくて希少価値が高いからこそ高価なものなのです。

一時期世界的な金の高騰でものすごく金額で取引金額になりましたよね。通常の3倍、4倍といった時期もありました。多くの人が家で眠っているアクセサリーなどを売ったと思いますが、そういった金での取引なども投資との兼ね合いで金額が変わってくることもあるのです。

日本でも積み立てとして金を買っておきましょうといわれることがありますが、それはなぜかというと金は価格が急落する可能性が少なく世界中で簡単に換金ができて手元に残せるからだといわれていました。

しかし、今世界のお金や物流の流れというのは大物投資家が決まるといってもいい世の中でより物の価値というのが流動的になってきておりますので例え価格変化が起こりづらいといわれている金であろうとも油断はしないほうがいいと思います。

世界経済が不安定になってくると金の価値が上がるとされており、価格変化が起きないといわれていても油断はできない難しい投資対象であるといえるでしょう。

また取引はドル建てが基本ですので為替相場の変動にも注意しないと今売ればプラスになると思っていたのが為替相場の関係でマイナスになってしまったということもありますので気をつけるようにしましょう。

金地金(きんちがね)とは財宝のイメージで出てくる金の延べ板やゴールドバーのことを言います。小さいものは5kg~1kgまで色々な種類が存在しておりグラム単位での取引が可能となっていますが、小さいグラムでの取引になるとバーチャージというものが発生します。

デパートやインターネットといったいつどこでも購入は可能ですが場所によって価格も場所によっては手数料の大きさも変わってきますので比較したうえで購入しましょう。

そして金地金の現物のみで運用する投資信託を有価証券化して証券取引所に上場したものを金ETFといいます。

だいたい3万円前後ではじめられて少額投資ができ手数料などもかからないとい事ですのでリスクヘッジでポートフォリオに組み入れてる人が増えてきました。

利回りがないため値が下がったときに購入して買った時よりも高く売らないと利益が出ないということがあります。

★初心者向け★ ★fx人気NO.1サイト★ ★注目サイト★