外国株式

海外ではグローバルに展開する優良企業や成長性の高い企業が日本企業以上に高い配当利回りが期待できる企業が数多くあります。

日本よりも海外の方が投資家に対してのしっかりとした特典や利益を配当するという気持ちが高いのでそういった部分では外国の株式投資家においては目を向ける必要もあります。企業に対して直接投資をしていきましょう。

この外国株式のほかにも外国債券や外国投資信託など金融商品には様々な種類が存在しております。企業に投資をするという意味では国内と同じで違いはありませんが気をつけなくてはいけないのは為替レートの変動です。それによって価値が掛け算になってしまうというリスクがあります。

海外不動産でも紹介しましたが、やはり海外に投資を行うときというのはどうしても為替レートを頭に入れなくてはいけません。儲けているはずが為替レートの結果マイナスになってしまったり少しの損のはずものすごいマイナスになったりということもありますので注意して計算しましょう。もちろんプラスも同じようになりますので注意は必要です。

たとえば1ドル100円の時に外国株を1000ドル購入します。資金は10万ですよね。そこから株式が3割降下して7千ドルに下がりました。為替レートは1割円安になり1ドル=110円になり、この時の円換算金額は7千ドル×110円で77,000円になります。色々と細かく変動しつつ為替レートまで見なくてはいけないので注意しましょう。

専用の計算ソフトなども取り入れることで冷静に分析できます。

★初心者向け★ ★fx人気NO.1サイト★ ★注目サイト★