預金

お金を一人で自分の家で持っているという人はだれもが銀行にお金を預けていると思います。この預金というのもお金を預ければお金がわずかでも増えるのであればそれは立派な銀行への投資だといってもいいでしょう。

昔は預ければある程度の金利を得ることができましたが、今は本当に雀の涙程度、銀行の手数料というものを考えればそれだけでなくなってしまうぐらいの安い金利です。もはや投資のためにお金を銀行に渡しているという人はほとんどおらず、もはやお金を管理している場所と言ってもいいのではないでしょうか?

それでも少しでもお金が増えてリスクもゼロならばこれほど安全な投資はないと思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。

理由は会社の倒産です。今の時代銀行も合併だったり潰れてなくなってしまうということも十分考えられます。預けていたお金が引き出せなくなってしまったということだってなくはないのです。

銀行というのは安全だという思い込みをしていたら大変なことになってしまいます。

またインフレによってお金の価値が下がったときは預けているお金は実質目減りすることになります。

今日本はデフレからの脱却の段階にきているのでこれから先すべてのお金を銀行に預けているということをするよりも株や不動産などに投資をすることの方が稼げる可能性が出てきております。

★初心者向け★ ★fx人気NO.1サイト★ ★注目サイト★