国内債券

国内債券というものについて紹介していきたいと思います。株式投資と似ているところがあります。別名公社債と呼ぶこともありますが国内債券の方が知名度は高いでしょう。

国や地方公共団体、企業が資金を集めるために発行する証券のことを言います。国や地方公共団体が発行するものを「公債」、企業が発行するものを「社債」と呼びます。

資金を集めるために本来株式投資がありますよね。目的としては同じように資金を集めるためのものなのですが、個の国内債券というものはあらかじめ資金は期日を決めて払いますといった感じで取り決めがあったり、利子はいくらです。決めて発行するためにもはや借用書に近い感覚ではないでしょうか?

もちろん渡しているほうはリスクが少なくて済みますよね。

そして借用との違いは債券に関しては満期日までこちらが待つわけではなくていくらでもマーケットで売買することができるということです。

安全性と収益性の高さが債券のメリットと言えるでしょう。

中でも国債というのは国家が発行する国債で発行時に償還期限と利率が定められており購入者はこれに応じて利息を受け取ることができます。

このほかにも普通社債と呼ばれる会社が資金調達のために発行する債券もあったり、民間債と呼ばれる種類のものがあります。

特に日本の国債に関しては安全性の高さに関してはかなりのものです。とはいえ収益性が高いものではないのでちょっとした貯蓄ぐらいにしかなりません。安全性が高いからこそ収益性も低いと考えられます。

★初心者向け★ ★fx人気NO.1サイト★ ★注目サイト★