為替の動きのパターン

為替変動の要因というのはある程度ですが予測をしていかなくてはいけませんが、これは全くの感だったら金融市場なんて言うのは成り立ちません。大きな変動が起こることには何かしらの原因があり、要因とされる事象というのはある程度決まっているのです。

まずはもっともポピュラーなのが金利の変動です。金利が高くなったら国の通貨は上昇して金利が低くなったら通貨価値が減ると言うのは定番です。各国の政策金利が発表されるときは中jもくしておきましょう。

そして有名人の発言には十分気をつけましょう。秀でた人というのは必ずどんな業界にも存在します。とくにFRB議長やECB総裁、日銀総裁、ぐらいは覚えておきましょう。トップの名前は変わることがありますが役職で覚えておくのもいいでしょう。他には国のTOPの発言や財務次官、金融当局や政府高官の発言は随時チェックしていきましょう。

さらに経済指標と呼ばれるものには注目しておかなくてはいけません。毎日か習うどこかの国で発表アsれ各国のGDPや貿易収支などのデータをいい、あらかじめ市場には予想されている値がありそれに対しての良しあしで為替が変動します。前年比で見たり前回と比べてみたりと以上の予想値よりよくなっていればいい!という判断です。市場予想がどうなっているのかは取引する前に見ておきましょう。

特に注意するのはアメリカの経済指標は毎回欠かさず見ましょう。夏だったら日本時間の21時30分と23時で冬だったら22時30分に発表されることが多く、これは現地では朝8時30分や10時を指すことで最も重要な時間帯と言えます。

もしくは戦争やテロにおいても貨幣価値がゼロになる可能性もあり下落しやすくなります。そして関係国までも巻き込むのです。

最後に株式の動きにもFXに関係してくるので注意しておきましょう。

★初心者向け★ ★fx人気NO.1サイト★ ★注目サイト★